■円空彫りとは

円空とは江戸初期に美濃の国(現在の岐阜県)羽島市生まれの行脚僧。
全国を渡りながら生涯で12万体の仏像を彫ったと伝えられています。
どの仏像も、訪れた先々で庶民の幸福を願い、世のために自分ができることを模索して作られたと言われています。
円空仏は荒々しい彫り方の中に素朴な微笑みをたたえた表情と独創的な力強さを持った作品が特徴です。
円空の特徴ある仏像の彫り方を「円空彫り」と広く呼ばれています。

 

※中観音堂・羽島円空資料館では、本物を間近で見る事ができます。

 

 

中観音堂・羽島円空資料館

鬼子母神/円空作